製品紹介

微細ドットIJ印刷導光板

本製品はインクジェット印刷で発光部を作成する手法を採用しております。これにより、イニシャル費を抑えることが可能となります。
透明なアクリル板の裏面に特殊なインクをインクジェット印刷することで、アクリル板の端面からLED光を入れた際に印刷した範囲が発光します。
当社では、その専門機器メーカーからの調達ルート確保により下記のような表現性の高い導光板を提供可能です。 他社との差別化として、『フルカラーでの発光表現が可能』、且つ印刷での製法を生かし、『写真なども表現可能』です。
インクの濃淡は調整可能です。「非発光時の透明度を優先したい」「発光時の明るさを優先したい」などの
ご要望がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

微細ドットIJ印刷導光板点灯時の比較

微細ドットIJ印刷導光板イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板イメージ画像

無色・クリアのアクリル板で奥側が透過して見えております。 この写真は水の入ったペットボトルを導光板の 裏側に置いております。

微細ドットIJ印刷導光板イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板イメージ画像

フルカラーで印刷物が現れます。
単色での表現としては遊技機器向けの製品で一般的に採用されておりますが、フルカラーで表現できるものは 現在(2016年夏現在)市場には出ておりません。
裏側に置いてあるペットボトルも気になるレベルでは ありません。

単色 点灯時の例

微細ドットIJ印刷導光板単体イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板単体イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板単体イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板単体イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板単体イメージ画像 微細ドットIJ印刷導光板単体イメージ画像

単色発光時でも遜色ない見栄えであるとご評価いただいております。